徹底解説プロポリスガイドブック

メインイメージ

プロポリスの鎮痛効果は何に効く?

プロポリスって言葉自体は耳にしたことがあっても、
いったいどういったものなのかをちゃんと理解して、
使用している方はいらっしゃるでしょうか。

健康や美容に良いとされていて、健康食品や化粧品なんかにも配合されていますが、
どのような効果によって注目されているのでしょうか。
それ以外でも医療目的としても取り入れられているということで様々な分野でも広く活用されています。

ミツバチが昔から同じ生態系を保って生きていることに注目し、
長く進化を続けながらもしっかりと子孫を残していることが遺伝子学上では奇跡ともいわれています。
そんなミツバチが注目されプロポリスの存在も大きいものになってきました。

その中で今回は、プロポリスの鎮痛効果についてみていきたいと思います。

プロポリスは、鎮痛作用もあるということがいわれていて、
最近ではガン患者の痛みを和らげることができる効果に注目しています。

ガン患者にとって痛みはきってもきり離せない縁で、最もの苦しみであるといわれています。
その痛みを少しでも軽減するために、モルヒネという薬が使用されています。

しかし、モルヒネの副作用というのが、吐き気や不眠症、便秘などがあり
抗がん剤の副作用もプラスされるため、大変な苦しみとなります。

そこで、注目を浴びているのがプロポリスの鎮痛効果で、
実際にプロポリスを摂取することで痛みが和らいだといったこともでてきています。
モルヒネの5-6倍の効果があるともいわれ、体内で痛みの元となる情報伝達物質が作られるのを
止めることができる物質があることがわかってきているので、これからの活躍に期待できそうです。

また、打撲などの怪我の患部に直接、プロポリスを塗ることで
痛みの鎮痛作用もあるといわれていますので、痛みがあった際にはぜひ試してみるとよいでしょう。
ガーゼに塗って痛みの上から当てたり、水などで薄めて使用している方もいるようなので、参考にしてみてください。