徹底解説プロポリスガイドブック

メインイメージ

腸内環境とプロポリス

プロポリスの栄養をしっかりと身体に取り入れるためには、腸の状態をキレイにしておくことが大切です。
腸が汚れていると、栄養の吸収がスムーズに行われず、有用成分が身体に働きかけないまま排出されてしまいます。

これらの項目が当てはまると、腸が汚れている可能性があるので注意しましょう。

硬い便やウサギの便のような形の場合は、腸内で便が長時間停滞してしまい、毒素がたまっているという証拠。
腸が便の水分をすっかり吸収して硬くなってしまうということが考えられます。
また、腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうと、アンモニアなどの有害物質が増えてしまい、おならや便の匂いが臭くなります。
これらが当てはまる場合は、プロポリスを摂取しても栄養素が十分に吸収されない可能性があります。
腸内をキレイに保って、100%パワーを実感できる様にしましょう。

また、腸が汚れるとやせにくくなったり、肌荒れの原因にもなります。
腸に蓄積した毒が全身の様々な不調につながるのです。

例えば、老廃物の排出が滞り、おなか周りに余分な脂肪が蓄積されやすくなってしまうことも!
腸の毒素が血液を通じて肌に送られてしまうと、ニキビなどの肌荒れの原因になります。
新陳代謝も滞り、肌の老化にもつながります。

逆に、腸をキレイにして毒を排出しやすい身体作りをすれば、心も肌も若返ります。
下腹のポッコリを解消したり、痩せやすい体質になったり、エネルギーを効率よく燃焼できるようになります。
ビタミンやミネラルの吸収率が高まり、肌のターンオーバーを促進することも可能。
血行も促進されて冷え性も改善されるかも。

身体だけでなく、心も元気になるというのが嬉しいポイント。
おなかが軽くなると、気分もすっきりするもの!
腸が機能することで、気持ちも前向きになりイライラや不安を解消することができます。
さらに、体臭や口臭も改善されたり、風邪や病気にもかかりにくくなります。

では、どうすれば腸内環境を良くすることができるのでしょうか。
方法の一つとして、乳酸菌の摂取が挙げられます。
また、食物繊維の摂取も一つの手段ですね。

食べ方を見直して、食物繊維を豊富に含むキノコや野菜、海藻類、雑穀などを食べるようにしましょう。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスを考えるのもポイントです。
食物繊維は水分を吸収して便のかさを増やしたり、腸の蠕動運動を促すので便秘解消に最適。
腸内環境が良くなります!

腸内環境がよくなれば、プロポリスの有用成分もしっかりと吸収できるようになります。
意識的に腸をキレイに保ちましょう!